今は女性も出会い系サイトを警戒しないといけない時代になっているそうです。
こんなことが横行していたのでは出会い系サイトを利用しようと考える女性が減り、筆者が出会いたいと思っている熟女も必然的に減ってしまいかねません。

 

どういうことかというと、女性も出会い系のさくらのターゲットにされているそうなのです。
前にテレビのニュースというか、ワイドショーで見たのですが、アイドルのマネージャーを装っていたり、医師とか弁護士とかのお金持ちを装っているようです。
その時にはテレビでは出会い系サイトで、という言い方ではなかった気がします。

 

男性によるサクラで女性をだますという方法をとっている出会い系サイトは女性も利用料金が有料になっているようです。
わざわざ有料の出会い系サイトを使わなくても無料の良いものが存在するわけですから利用しなくてもいいようなものですが、そこはやはり筆者と同じく無料は怖いという概念があるのでしょう。

 

そして有料になってもその相場がわからないということがあるようです。
有料でなおかつ高額であれば医師や弁護士などといった地位のある職に就いている人との出会いも充分に考えられるということなのかもしれません。

 

実際に調べてみたところ、女性が有料になっている出会い系サイトは怪しさが満点のものばかりでした。
その出会い系サイトの名前でネット検索をしてもその名前が見当たらないものがほとんどで、名前が挙がっているものでも「騙された!」というような被害者の悲鳴があったりしました。