ハンドルネームを決めて必要項目を記入していくと、今度は最大の壁にぶち当たりました。
プロフィール画面だけでこれほどの時間がかかるのであればすっかり疲れてしまいましたが、魅力的で理想の熟女との出会いのためです、文句は言っていられません。

 

自己PRやプロフィールを記入する画面がありました。
プロフィールをどのようにすればいいのか非常に悩むところではありますが、ここの手を抜くことでせっかく興味を持って開いてくれた女性が内容がないことですぐに閉じてしまうことが考えられます。
プロフィールは手を抜くことはできません。

 

プロフィールにどのようなことが書いてあれば女性が気に留めてくれるのかということを考えてみます。
イケメンかどうかという容姿的な問題は個人の主観によるものですし、インターネット上でのことですから信頼性はないでしょう。
なによりイケメンではありません。
うかつなことを書いて実際に会えるとなったとき、イケメンではなかったということに女性はがっかりしてしまうでしょう。
そしてがっかりしている女性を見て筆者は落ち込むでしょう。
外見的なことはやめておくことにしました。

 

それでは中身で勝負するかといえば、その中身も全くどうにもなっていないばかりか、たとえ中身がよかったとしても、どのように表現したらよいのかわかりません。
例えば優しさには自信があります、誠実さには自信があります、そんな感じでしょうか。
このプロフィールはかなりの難関になりました。