プロフィールも完成し、日記機能があることも把握してひとまずは初日の挨拶も完了しました。
今度は実際に掲示板に書き込んでみようと思います。

 

掲示板を開こうとすると、アダルト掲示板とピュア掲示板の2種類がありました。
アダルト掲示板はその名前の通りにアダルト系の書き込みばかりです。
その場限りの出会いだったり、セフレ募集などといったことをあからさまに書き込んでいる人もいました。
筆者が望んでいるのは熟女とのお付き合いであり、独身同士の恋愛に発展すればいいなと思っていますので、アダルト掲示板に書き込むのはやめてピュア掲示板を選びました。

 

ピュア掲示板では比較的真剣な恋愛や友人関係につながるような出会いを希望している人たちの書き込みが中心になっていました。
出会い系といえば男女の恋愛や体の関係と決めつけていましたが一概にそうでもないようです。
共通の趣味の友人がほしいとかそういった人も多くいました。

 

掲示板への書き込みは一日3回まで無料になっていましたので無料で書き込みができます。
1日に3回も書き込みをすればがめつくしている感じが否めませんのでゆっくり活動していくことにして今日は1回だけ書き込みをします。
効果があるかどうかは定かではありませんが、熟女が見てくれることを期待します。

 

書き込み内容の一覧を見ているとやはり最初の10文字程度しか一覧には表示されていませんでしたので、タイトルと同じ感覚でまずは自分が熟女を希望しているということを書いてからの挨拶にしました。
効果を期待して待ってみることにします。